排水管更生のライニング工法の流れ

排水管更生のライニング工法の流れ

排水管が機能不全になったらトイレおよびキッチンなど水を活用する場所が利用できなくなり、一般的な生活が支障を来たします。排水管更生に何日間も強いられると少し負担になります。しかしながらライニング工法で実施すれば、排水管の更生であれば1日のうちで施工ができます。ライニング工法は、建築保全センターが容認する特許技術になりますので信用できます。初めに、利用者と打ち合わせして現地調査に出向くスケジュールを決定します。そして現地へ伺って、調査を実行します。管の現在の状況や腐食の様子などを見極めて設備が実行において成果が期待できるかをチェックします。それから調査の結果、施工ができるのなら見積もりを作り上げて、合意いただいて契約の締結となると言えます。そのあと現場に伺い排水管更生の施工をしてくれます。多様な検査をした後で施工して上手くできれば施工完了になります。

排水管更生を行う有益性

排水管の耐久年数は定められています。排水管と申しましても広範囲のタイプがありますが、オーソドックスな寿命は20年程度と定まっています。耐久年数を越して活用してしまうと劣悪化が激しさを増し排水管を根こそぎ差替える工事が強いられてしまいます。排水管を根こそぎ入れかえてしまうのは資金も手間暇もかかりますし、勿体無いといえます。労力を掛けてメンテをすれば、一段と利用することができる排水管を使用できなくするのは致命的です。そのメンテのテクニックに排水管更生というようなものがあります。この手法でしたら排水管を取替える必要性がありません。汚くなってしまった排水管を洗浄することが実現できます。まず第一に、どれくらいの必要な作業が求められるのか見極め、排水を利用停止してからメンテにかかります。まずは、研磨工程によってさびを削ぎ落してからビニルエステル樹脂によって内側の表面をコーティングを実施します。これで腐食を抑止します。

AS工法は実績のある排水管更生工法のひとつ

排水管更生とは、劣悪化した配管を手入れし寿命を延ばすことです。更生工事には大きく分けて2種類あります。ひとつがライニング工法で、古い配管を高圧洗浄後、漏水防止のために樹脂などでコーティングするライニングを施します。もうひとつが製管工法で、古い管の中に新品の管を通し、管と管の間に裏込材を詰め込みます。ライニング工法は各会社によってやり方に若干の違いがあります。その中でも長年の実績を持つのがAS工法です。始めのクリーニング工程には管内にできている錆コブなどを、研磨剤入りの高速旋回気流によって研削し、塗装下地処理を行います。ライニング工程は常温硬化無溶剤二液性エポキシ樹脂塗料を、高速空気流との気液2層流により塗装処理を行います。空気流を使うことによって、継ぎ手や曲がり管、異径管、分岐管などのややこしい部分も綺麗にすることが可能になっています。

特許を取得した「トルネード工法」は弊社の技術の結晶です。 他社で真似できないのが、「ソベント通気継手」に対しての「セクスチャ施工」や「コア・ジョイント施工」です。 東京中心に全国規模で施工を承っています。 マンションを運営されている大家様、地域組合の方々に是非見ていただきたいです。 樹脂製の管内ホースを採用しており、摩擦を最小限にとどめています。 実績多数で安心の排水管更生